ブックオフのバイトを辞めたい

 

 

ブックオフのバイトを辞めたいという方へ

BOOK・OFF(ブックオフ)は、現在において最も有名な本屋で、一度は来店したことがあるのではないでしょうか。

 

小説から漫画本など、様々な書籍が販売されており、一定時間であれば立ち読みも可能となっているため、ちょっとした時間潰しにも利用できます。

 

このBOOK・OFF(ブックオフ)の仕事は一見簡単そうに見えるかもしれませんが、意外と仕事内容が辛くて辞めたいと感じている方も多いようです。

 

大手の本屋さんなのでマニュアルが厳しい可能性は高く、店内の掃除や商品の棚卸し、レジ打ちなど覚えることはたくさんあります。

 

BOOK・OFF(ブックオフ)のバイトも接客業の一つということで、働く期間がだんだんと長くなればクレーム対応もしなければならず、精神的に滅入るケースもあるはずです。

 

しかも、一日中に渡って立ちっ放しで仕事をしなければならない日もあるため、「早くバイトを辞めたい」「他の仕事を探したい」という気持ちが芽生えてしまうのかもしれません。

 

BOOK・OFF(ブックオフ)のバイトに限らず、肉体的にも精神的にも限界が近いと感じたのであれば、早めに別のバイトを探して辞めた方が良いと説明できます。

 

仮に、6ヶ月間契約をしてしまった場合でも、アルバイトが辞めたいと言えば、店長といった責任者には引き止めるような権利はないため、自由に辞められるのです。

 

「契約は契約だから勝手なことはするな」と怒る店長はいらっしゃるものの、労働基準法では止むを得ない理由がある場合は、契約の有無に関わらず仕事を辞められると記載されております。

 

無理をしすぎて病気を患っては元も子もないですし、精神的に負担を抱えている状態で接客を行うのは危険なので、ハッキリと辞めたいということを店長といった責任者に告げるべきです。

 

「今辞めるとちょっと早すぎるから、もう少し頑張ってみよう」と中途半端に働いていると、辞めるタイミングを逃してしまうかもしれないので、早めに決断した方が良いでしょう。

 

もちろん、一つのバイトを続ける努力は大切ですし、BOOK・OFF(ブックオフ)の仕事に限らず、直ぐに諦めてしまうような人には未来はないはずです。

 

それでも、自分の身体が一番ということには変わりないですし、うつ病や自律神経失調症といった精神的な病気を一度患うと、中々治りにくいので、自分の身体は労わってあげなければなりません。

 

探せば自分に合ったアルバイトは見つかるはずですし、長く続けることも十分に可能なので、色々な経験をすることから始めてみてください。

 

 

 

 


「辛いからバイトを辞めたい」に関するページ