デパ地下のバイトを辞めたい

 

 

デパ地下のバイトを辞めたいという方へ

デパ地下のバイトは業種によって異なるものの、基本的に混雑していて忙しく、一日中に渡って動き回るケースも少なくないため、辛くなって辞めたいと感じる方が増えております。

 

都内最大手のデパ地下であれば、どの時間帯に関しても忙しいですし、体力がない方が続けるのは非常に難しいのです。

 

デパ地下のバイトを始めて、筋肉痛や肩こりで悩む人は少なくないですし、接客業の一つということで、笑顔で接していかなければなりません。

 

アルバイトをするのが初めてで、尚且つ接客業に向いていないという方は、デパ地下のバイトを始めて直ぐに辞めたいと感じてしまいます。

 

これはどの業種にも言えることですが、言葉遣いや礼儀といった常識的なことがデパ地下のバイトでは必要となっており、人間関係を上手く築いていかなければ楽しく仕事を行うことができないのです。

 

人見知りの方は上手く接客できず、職場での人間関係も上手く築けないということで、働いていてつまらないと感じ、辞めたいと感じると説明できます。

 

このように聞いていると、デパ地下でバイトをしたくないと感じるかもしれないものの、忙しいので1日があっという間に過ぎてしまいますし、充実感は確実に得られるはずです。

 

漫画喫茶でのバイトのように、ボーっとするような時間はありませんし、テキパキと動いて仕事をすることで長い時間に渡って働いていても、意外と苦痛を感じない方も多いのではないでしょうか。

 

マイペースの方には向いていない仕事だと言えますが、テキパキと行動できる人にとっては天職のような仕事ですし、やりがいがあると感じている方もいらっしゃいます。

 

デパ地下での仕事を長期間に渡って続けることができれば、自分にとって自信に繋がることは間違いないため、一度試してみる価値は大いにあるというわけです。

 

それでも毎日が辛くてバイトを辞めたいのであれば、常識の範囲内で店長に告げ、シフトを外してもらうような相談をしてみてください。

 

「時間帯が合わない」「働く時間が長い」という理由では、確実に辞めることはできないので、続けるつもりが一切ないのであれば、「受験が間近に控えている」「これから続けていく自信がない」と正直に話すべきです。

 

デパ地下に限らず、「今日を持って辞めさせて頂きます」と告げるのは非常識なので、できる限り2週間前には辞めたいということを責任者に話しておかなければなりません。

 

雇用主が拘束させるような義務は一切ないので、短い期間しか働いていないとしても、簡単にバイトを辞められるはずです。

 

 

 

 


「辛いからバイトを辞めたい」に関するページ