ドラッグストアのバイトを辞めたい

 

 

ドラッグストアのバイトを辞めたいという方へ

ドラッグストアでどのようなバイトをするのか、想像できないという方は多いかもしれませんが、接客業の一つなので意外と厳しく、辞めたいと考えている人も多いようです。

 

とは言え、ドラッグストアのバイトは薬剤師といった資格を持っていない初心者の方でも気軽にできますし、接客が基本となっております。

 

接客以外では、店内の掃除や商品の棚卸しといった仕事がメインとなっており、スーパーでのバイトと同じようなイメージです。

 

医薬品の販売に関しては、薬剤師の資格を持った人でなければできないものの、生活必需品や医薬部外品といった商品はアルバイトでも取り扱うことができるため、初心者でもドラッグストアの仕事は可能となっております。

 

このように聞いていると、「ドラッグストアの仕事は簡単なのではないか?」と考える方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

 

職場によって異なるので、一概には説明できないものの、「クレーム対応が面倒」「薬剤師が不在の時の応対が難しい」「客から風邪をうつされやすい」という内容で、ドラッグストアのバイトを辞めたいと感じている方が増えております。

 

確かに、風邪やインフルエンザといった病気を患っているお客さんがドラッグストアには来店するため、ウイルスをうつされる可能性はかなり高いのです。

 

他の職場と比べて病気をうつされるリスクがあるため、ドラッグストアでバイトを長く続けていきたいのであれば、体調管理には細心の注意が必要だと言えるでしょう。

 

それに、職場によっては人間関係がギスギスとしているところもあるため、働いていて全く楽しくなければ辞めたいと感じるようになってしまいます。

 

もし、ドラッグストアでのバイトを続けられないようであれば、飲食店といった他の接客業に関しても続けるのは難しいため、全く異なるタイプの仕事を選ぶべきです。

 

嫌々働いてお金をもらっていたところで、ストレスが溜まり続けるだけですし、その態度が表に出ていては周りの人にも悪影響なので、もっと自分に合った仕事を見つける努力が必要となります。

 

しかし、東京近郊の場合は時給が1,000円当たりが相場となっているので、飲食店と比べると比較的高く、忙しいお店の場合は2,000円を超える場所もあるのです。

 

更に、「化粧品に関する知識が増えた」「社割で化粧品を安い料金で購入できる」「薬剤や介護用品について詳しくなった」というメリットもあります。

 

将来は医療業界に勤めたいという学生の方は、多少は辛かったとしてもドラッグストアでバイトをして、様々な知識を身に付ける努力をしてみてください。

 

 

 

 


「辛いからバイトを辞めたい」に関するページ