ペットショップのバイトを辞めたい

 

 

ペットショップのバイトを辞めたいという方へ

動物が好きで動物と関わる仕事に就きたいということで、ペットショップで働く女性は増えております。

 

ペットショップ自体がそこまで多くはなく、狭い業界となっているものの、バイトを募集している店舗は存在しますし、動物と触れ合うことができるのです。

 

しかし、現実はそこまで甘くなく、想像していた仕事よりもハードということで、ペットショップを辞めたいという方はいらっしゃいます。

 

確かに、ペットショップは接客業の一つということで、「コミュニケーション力を向上できる」「動物の飼育に関する知識が身に付く」というメリットがあるはずです。

 

実際に、イヌやネコといったペットを飼おうと考えている方は、ペットショップで最低限の知識を事前に学んでおいた方が良いかもしれません。

 

とは言え、イメージ的には可愛いという動物でも、ペットショップでは無責任に動物を売り買いしたり、売れ残りの処分をしたりと、厳しい現実が待ち受けております。

 

そのため、「動物と触れ合いたい」という甘い考えでペットショップのバイトを始めた方は、「こんなはずじゃなかったのに」と言って辞めたいと感じてしまうのです。

 

しかも、コンビニやスーパーといったバイトと比べて、ペットショップの方が遥かに覚えることが多く、仕事に慣れるまでにかなりの時間を費やすことが多くなっております。

 

仕事に慣れるまでは、どんなアルバイトでも辛いはずなので、その長い期間を耐え抜くことができず、「ペットショップで働いてみたい」という理想を持っていた方でも、だんだんと辞めたい気持ちが膨れ上がっていくのです。

 

このように、トリマーといった仕事であればまだしも、ペットショップのバイトは想像以上に精神的なダメージを受けることが多いため、事前にある程度の覚悟をしておいた方が良いでしょう。

 

また、どんなペットショップでも、基本的に従業員の数が少なく、個人経営のお店であれば急に辞めることができない可能性は十分にあります。

 

労働基準法では規定されていないとしても、「次のバイトが見つかるまで働いて欲しい」「もうちょっとだけ働いて欲しい」と店長から告げられるケースは少なくありません。

 

店長がいい人であればあるほど、申し訳ないという気持ちが働くはずなので、心の優しい方であれば「もう少しだけ働いてあげよう」という気持ちになります。

 

それでも、嫌々働いていたのでは意味がありませんし、自分にとって何のメリットもないので、ペットショップでのアルバイトを辞めたいのであれば、ハッキリと店長に告げるべきです。

 

 

 

 


「辛いからバイトを辞めたい」に関するページ