ポスティングのバイトを辞めたい

 

 

ポスティングのバイトを辞めたいという方へ

マンションやアパートにチラシを配布するポスティングのバイトは、皆さんがイメージする通りかなり辛い仕事の一つで、数週間で辞めたいという方は多くいらっしゃいます。

 

ポスティングといっても、仕事の内容は大きく異なり、バイクを使って移動してチラシを配ったり、自転車で規定の区画を配ったりと、やり方には違いが生じているはずです。

 

中でも、歩いて決められた区間にチラシを配るポスティングのバイトが最も辛く、体力がない方が続けるのは難しいかもしれません。

 

都心部であればまだしも、少し郊外になれば坂道も多くなるはずですし、歩いて移動して決められた枚数のチラシを配らなければならないため、辞めたいと考える人の気持ちも十分に分かります。

 

特に、夏場は気温が高く炎天下の中、チラシを配り続けなければならないということで、熱中症を患うリスクも当然のように増すのです。

 

小まめに水分補給をしていても、ポスティングのバイト中に熱中症で倒れる方は多く、想像以上に危険な仕事だということを頭に入れておく必要があります。

 

職場によって異なりますが、基本的にポスティングのバイトは休憩時間は自分で決める形となっており、一度に昼休憩を取ったり、小まめに数十分間に分けて取ったりと、上手く分散することも可能です。

 

「誰も見ていないからサボれるだろう」「チラシをどこかに捨てたとしても気付かないだろう」と悪いことを考える方はいらっしゃるものの、サボりがバレる可能性は意外と高いので注意した方が良いでしょう。

 

業者がマンションやアパートをチェックし、チラシが入っているかどうか確認作業は行うはずですし、コンビニのゴミ箱などに大量のチラシが入っていれば、お店の人は不審に思って掲載されている電話番号に電話します。

 

そして、自分が配る区域は事前に決められているので、誰が犯人かは確実に突き止められるため、ポスティングのバイトにおいてサボることはできないというわけです。

 

毎日のように汗を流しながらチラシを配り、サボることもできない状況が長期間に渡って続けば、辞めたいと感じてしまうのは仕方がないかもしれません。

 

とは言え、運動不足で悩んでいる方にはピッタリの仕事ですし、ただ歩き回るだけでもかなりの時間に渡ってウォーキングを行うはずなので、自然と体力が身に付くというわけです。

 

イメージ通りの辛い仕事だとしても、人と関わる仕事ではないので、人間関係で悩む必要はなく、自分のペースで進められるので、興味がある方はポスティングのバイトを始めてみてください。

 

 

 

 


「辛いからバイトを辞めたい」に関するページ