スパルタ教育のバイトを辞めたい

 

 

スパルタ教育のバイトを辞めたいという方へ

「今働いているバイト先がスパルタ教育だから辞めたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。

 

確かに、高校生や大学生など社会人経験がない人は、「アルバイトは簡単なもの」「アルバイトは気楽なもの」と考えているケースが多いはずです。

 

そのような考えで入ってはみたものの、実はビシビシと指導するスパルタ教育だった場合は、「こんなはずじゃなかった」「続けられない」「辞めたい」という結論に至ってしまいます。

 

どの程度のレベルがスパルタ教育なのか判断するのは難しいものの、基本的にアルバイトの人間に対しては店長もオーナーも強く接することは少ないはずです。

 

正社員でなければビシビシと厳しく接して鍛える必要はありませんし、もし辞めてしまったら人手不足に陥ってしまいます。

 

しかし、スパルタ絶叫研修で有名な餃子の王将では、もしかしたら正社員だけではなくアルバイトの人間に対しても度を越えるような教え方をしているかもしれません。

 

実際に、とある餃子の王将の店舗で正社員の人が長時間労働でうつ病を発症し、休職を余儀なくされたという事件が発生しました。

 

労働時間の長さだけではなく、どれだけ残業して働いても賃金に反映されないという異常なシステムもうつ病や適応障害を発症した大きな理由なのではないでしょうか。

 

もし、このようなアルバイト先があれば、スパルタ教育によって辞めたいと考えるのは普通のことです。

 

もちろん、アルバイトと言ってもお金を貰っているわけですし、何度も教えているのに全く仕事を覚えない状態ならば店長や先輩は厳しく接します。

 

これは正社員でもアルバイトでも仕事をしている以上は当然のことですし、それだけで逃げ出したいと考えるのは理に適っておりません。

 

ゆとり世代ではこのように考える人は多いかもしれませんが、完全に甘えですしアルバイトですら投げ出している状態では社会人になって働き続けることは不可能です。

 

それでも、あり得ないくらいのスパルタ教育が実施されているのならば、精神的な病気を患うリスクも十分にあるので早めに辞めて次のバイト先を探した方が良いと思います。

 

「人手不足だから辞めさせることはできない」という会社の勝手な都合を押し通すことはできず、アルバイトには自分の判断でいつでも自由に辞められる権利があるのです。

 

いつでも辞める覚悟で働くというのは少々違うかもしれませんが、好きな時に辞められるのがメリットなので、あまり気を張り詰めすぎずに業務をこなしてみてください。

 

 

 

 


「辛いからバイトを辞めたい」に関するページ